太閤記 Ⅱ

おはようございます。

井堂でございます。

 

本日は太閤記の感想第2弾です。

先日は太閤記内の秀吉の言葉「戦とは始める前からすでに勝っていなければならぬ」をご紹介しました。

 

今回は、秀吉の行動指針にもなったこちらです。

「世の中、悪事も善事もすべてのことは陽気にやらなければならぬ

ほがらかにあっけからんとやってのければ、その陽気さに引き込まれ、悪徳さえ一種の華やかさを帯びてくる」

 

この言葉、非常に面白いと思いませんか?

私は大好きな言葉で読んでいて納得してしまいました。

私が深く納得してしまうのは「悪事も」というところなのですが・・・

 

今でもカリスマと呼ばれる人たちって、

良くも悪くも人を先導していけるパワーを持っていますが、

まさにこれを実行している方が多いのではないのでしょうか。

 

あの人がいるだけで空気が変わる、

あの人と話すと元気になる、

そんな人。

 

人にパワーを与えられるそんな力が付けば

いろいろなことがうまく行きますよね。

 

そのヒントがこの太閤記には詰まっています。

皆様ぜひ一度お読みになってください!

 

この記事は、私が書きました。
太閤記 Ⅱ 
著者:

Copyright 2018 東京の税理士なら|壁谷公認会計士事務所