西郷隆盛

明治の立役者で、明治三傑のお一人の西郷隆盛のことです。

 

この方の人柄が、とても好きでたまらないのですが、

西郷隆盛のあり方を示す大好きな言葉があります。

 

 

人を相手にせず

天を相手にせよ

天を相手にして

己を尽くして人を咎めず

我が真の足らざるを尋ぬべし

 

 

いつも目の前のことにしか向き合えていない自分自身ですが、

この言葉を唱えることで、はっと気づくことがたくさんあります。

 

 

いつも自分だけの視野になっていないか、

自分の思考だけにとらわれて、もっと大きく物事を見れていないのではないか、

ただ単に自分の責任なのに、人のせいにして自分を納得させていないか、

自分のすべてを出し尽くせていないのではないか、

 

 

自分が多く気づくことで、

自分自身で変わっていく

 

そしてそのことに気付けたことに感謝をして生きていく

 

そういうあり方を示してくださる西郷隆盛さんのお人柄、大好きです

この記事は、私が書きました。
西郷隆盛 
著者:

Copyright 2018 東京の税理士なら|壁谷公認会計士事務所