論語における利と義

利によりて行えば、怨み多し

(利益本意で物事を進めていくと、人の恨みを買うことが多い)

 

君子は義に悟り、小人は利に悟る

(君子:素晴らしい人は、ことを行おうにあたり、正義:正しい道筋にかなっているかを優先するが、

小人:つまらない人は、利益になるかどうかを感じて優先をする)

 

 

論語の中にある商人としての生きる道の指針のように感じます

この記事は、私が書きました。
論語における利と義 
著者:

Copyright 2018 東京の税理士なら|壁谷公認会計士事務所