今を生ききる

<家訓> 1

今を生ききる

 

先のことを思考することはとても大事なことではある。

しかし先のことを考えすぎていくと、今を一生懸命生きることを忘れてしまう。

 

今を一生懸命生きることで、未来の大切な種がまかれる。

今この一瞬、目の前の出来事、目の前の人に、自分の真心を尽くしきれるかに心のエネルギーを割きたい。

ここはある意味自分との闘いである。

 

そういう行為が周りからの信頼となるだけでなく、それ以上に、自分にうそをつかない生き方として、自分自身の自信になっていく。

その自信が、また今の目の前のことを集中できる源泉になり、この行為がまた自分の自信となっていく。

 

今を真剣に生きて、心から納得できる生き方を貫きたい。

 

この記事は、私が書きました。
今を生ききる 
著者:

Copyright 2018 東京の税理士なら|壁谷公認会計士事務所